窓の進化は続く:株式会社 米住建設|高気密・高断熱で省エネ無暖房住宅

株式会社 米住建設
子供達の未来を考える 省エネルギー・Q1住宅
米住スタッフコミュニティ
スタッフ人気記事ランキング
※過去1週間の人気記事ランキングです。
株式会社 米住建設
米沢本社
米沢市花沢町1-11-37
Tel 0238-21-2316 Fax 0238-24-5058
山形事務所
Tel 023-682-7880 Fax 023-682-7883
日本住宅保証検査機構
PO法人(新住協)省エネ技術をバックアップ
財団法人 住宅保証機構
米住建設株式会社|ケータイサイト
Contents 987
Today 183
Yesterday 556
Access 2,521,338
login
powered by samidare
窓の進化は続く
断熱材の性能向上はほとんど横ばいのようです。
※熱貫流率という熱の通りやすさを表す数字が性能値ですが
技術は出尽くし、生産時のエコロジー性や施工性を競っています。
断熱性能の向上が期待できる部位、それは窓です。
窓枠はアルミ材から樹脂に、ガラス部分はペアガラスといって
硝子2枚が標準となりました。
このガラス2枚の間の空気が、アルゴンガスという断熱性能の
高い気体になりました。
さらにこの気体より性能値の高い、クリプトンガスを採用し
かつガラスが3枚のトリプルガラス製品が発売されています。

ここまで進化するとこれまでのペアガラスに比べ、性能値は1.5倍。
建物の断熱性能を熱計算すると、実は基礎、壁、屋根は一定水準以上の
断熱化をしていると、厚くしても大きく向上しません。
窓は熱性能だけでなく外観のデザインも左右する部位。
性能も大事、合わせてデザインも大事。
まだまだ研究しなくてはいけません。
※熱貫流率は数字が小さいほど性能が良く、単位はw/k

【樹脂サッシ+クリプトンガス入りトリプル施工】
窓廻りの気密処理も、正確な施工が必要となります


【大開口部こそ高性能サッシ】


2016/06/28 13:11:count(1836)
古畑 亮

古畑 亮 (フルハタ リョウ)

株式会社米住建設の古畑亮です。

(C) YONEJU HOUSING CORPORATION. |お客さま窓口会社案内H O M E