屋根にする?天井にする?:株式会社 米住建設|高気密・高断熱で省エネ無暖房住宅

株式会社 米住建設
子供達の未来を考える 省エネルギー・Q1住宅
米住スタッフコミュニティ
スタッフ人気記事ランキング
※過去1週間の人気記事ランキングです。
株式会社 米住建設
米沢本社
米沢市花沢町1-11-37
Tel 0238-21-2316 Fax 0238-24-5058
山形事務所
Tel 023-682-7880 Fax 023-682-7883
日本住宅保証検査機構
PO法人(新住協)省エネ技術をバックアップ
財団法人 住宅保証機構
米住建設株式会社|ケータイサイト
Contents 987
Today 167
Yesterday 556
Access 2,521,322
login
powered by samidare
屋根にする?天井にする?
高断熱住宅では建物全体をすっぽり隙間なく断熱する必要があります。
基礎・壁・屋根又は天井・開口部・換気
これらの部位は自社標準仕様で断熱厚み、仕様を決めていますが
ひとつだけ不確定部位があります。
それが「屋根」又は「天井」です。
屋根で断熱すれば、天井を高くとったりロフトを作ったりできます。
いいことづくめ、じゃあ屋根断熱を標準に!とはいきません。
室内の空間(容積)が大きくなると、ランニングコストの部分で
光熱費がアップします。
どこまで省エネで全室冷暖房が出来るかを考えると無視できないところです。
スペースや設計上必要なら屋根断熱で
省エネ優先、コスト優先ならば天井で
いずれにしても、屋根部分の断熱効果を実感できるのは夏です。
(日射により温度差が冬場より大きくなる為)
展示場巡りは猛暑日に!かもしれません。

【屋根断熱の施工風景】
グラスウールは梱包を解くと、倍以上の体積となります。


【壁・屋根 断熱気密工事後】
基礎から連続して建物が断熱されました。

2016/06/20 11:42:count(1591)
古畑 亮

古畑 亮 (フルハタ リョウ)

株式会社米住建設の古畑亮です。

(C) YONEJU HOUSING CORPORATION. |お客さま窓口会社案内H O M E