断熱住宅の進化:株式会社 米住建設|高気密・高断熱で省エネ無暖房住宅

株式会社 米住建設
子供達の未来を考える 省エネルギー・Q1住宅
米住スタッフコミュニティ
スタッフ人気記事ランキング
※過去1週間の人気記事ランキングです。
株式会社 米住建設
米沢本社
米沢市花沢町1-11-37
Tel 0238-21-2316 Fax 0238-24-5058
山形事務所
Tel 023-682-7880 Fax 023-682-7883
日本住宅保証検査機構
PO法人(新住協)省エネ技術をバックアップ
財団法人 住宅保証機構
米住建設株式会社|ケータイサイト
Contents 987
Today 195
Yesterday 556
Access 2,521,350
login
powered by samidare
断熱住宅の進化
躯体の外部に断熱するのが「外断熱」
躯体内に充填するのは「内断熱」
それぞれ材料の性能を争いつつも、住み分けがされてきました。
ここにきて、内断熱に新しい流れが起きています。
それは付加断熱という考え方です。

躯体内(柱の内々)に充填するのが内断熱。
柱の厚み以上は入れようがなく、それ以上の性能向上は望めません。
そこで柱の外側に新たに断熱の為のスペースを作り、壁の厚み
を増す(壁の断熱強化をする)のが付加断熱工法です。
すこし外断熱の工法と似た、新しい技術です。

家中を一台のエアコンで全室冷暖房する技術を支えるのが
高断熱高気密化です。


【躯体に付加断熱下地を施工】
躯体の外回りに耐力用面材(構造用合板)を貼ります
その後、さらに外部に付加断熱の下地材を施工します



【付加断熱工事完了 壁200价杷】
躯体内部へグラスウールを100仆偲
さらに付加断熱100个韮横娃悪价杷となります

2016/07/04 09:21:count(1627)
古畑 亮

古畑 亮 (フルハタ リョウ)

株式会社米住建設の古畑亮です。

(C) YONEJU HOUSING CORPORATION. |お客さま窓口会社案内H O M E