バーチャル無暖房住宅:株式会社 米住建設|高気密・高断熱で省エネ無暖房住宅

株式会社 米住建設
子供達の未来を考える 省エネルギー・Q1住宅
米住スタッフコミュニティ
スタッフ人気記事ランキング
※過去1週間の人気記事ランキングです。
株式会社 米住建設
米沢本社
米沢市花沢町1-11-37
Tel 0238-21-2316 Fax 0238-24-5058
山形事務所
Tel 023-682-7880 Fax 023-682-7883
日本住宅保証検査機構
PO法人(新住協)省エネ技術をバックアップ
財団法人 住宅保証機構
米住建設株式会社|ケータイサイト
Contents 992
Today 342
Yesterday 1,251
Access 2,581,745
login
powered by samidare
バーチャル無暖房住宅
住宅で最も熱損失が大きいところは、開口部つまり窓です。
窓は、同面積の壁と比較すると約10倍の熱が逃げます

バーチャルでは、窓ガラスの性能をUPさせながら同時に面積調整を行いました。

性能UPでコストが上がった分を、面積を減らしてカバーしようと考えたのです。
窓のコストは、ガラス面積に左右されるからです。

その結果がビックリでした。
コストは逆に29万円下がったのです。

次は、断熱厚による金額差です。

基礎  86,000
天井  150,000
壁   630,000
換気 ¥250,000
合計 ¥1,116,000
材料費 ¥200,000(木材)

サッシ代差額¥290,000を差し引くと
合計で¥1,026,000 です。

弊社のモデルは、102.6万円の再投資でQ値0.5の住宅になることが分かりました。
それは、一冬の灯油量が76ℓで賄える住宅に必要な追加金額です。

年間灯油消費量は350ℓから76ℓに激減することになりますが
灯油100円/ℓとすると、ペイするのに40年近く掛かることになります。

これでは太陽光発電にも追いつきません。

Q値0.5と言う住宅を他の地域に建てたらどうなるのか気になってきます。
山形市ではどうなるでしょうか。
2009/11/04 18:30:count(3309)
古畑 角次

古畑 角次 (フルハタ カクジ)

高断熱高気密の世界は奥深く、住宅の住まい方も広がっていきます。設計も寒さ...

(C) YONEJU HOUSING CORPORATION. |お客さま窓口会社案内H O M E