奥行感を出す

まったく同じ大きさの空間で、片方はなんだか広く感じる。正確には感じるだけですが、この演出に必要なのが奥を透けて見せる方法です。

壁と壁で仕切らず、格子で仕切ると奥の空間も感じられ錯覚が起きます。

施工例は2階ホールの吹抜手すり壁です。窓からの光が見え、広く感じます。アクリルパネルなど、光を通す素材でも同様の効果が得られると思います。

ベランダも同様です。アルミ製エクステリアを腰壁として利用すれば、開放的な空間となります。

デメリットは掃除の手間でしょうか。ロマンと現実、2つを兼ね備えた方法はないものか・・・これは家づくりにおける永遠のテーマかもしれません。