建築化照明

照明器具はカタログで選ぶことがほとんどです。

完成されたデザインですが、それで良しとしない場合はまだ建築でできる余白が残されています。

LEDの普及が進み標準化しましたが、高寿命であること以外にも熱を発しない特徴があります。建築化照明とは建築部材に照明を組み込むことで、器具を見せずに納める手法ですが、LEDと相性がいいです。

写真は下花沢モデルハウスのLDK。キッチンカウンターの上に化粧梁が見えますが、これは構造上は必要ありません。

この梁下端にラインLEDを納めれば、器具を見せずにキッチン手元灯として機能します。

ラインLEDは昼白色、電球色と照明色も選べるため、様々な用途で使用できます。食卓に近いので、このモデルでは演出性の高い電球色を選びました。

同じくモデルの2階ホール写真。

多目的コーナーを設けていますが、この照明もラインLEDで納めています。照明器具を見せないことで、すっきりとしたインテリアになります。

照明器具カタログでは目立たないラインLEDのページですが、個人的には一番ワクワクする照明です。

このラインLEDを取り入れた下花沢モデルハウスは、現在オーナー様を募集中です♪ほんものの断熱住宅を、特別価格でご提案中ですのでぜひご来場ください。

(展示中の家具、家電も全て含めて販売)

毎週土・日・祝 午前10時から午後5時まで公開中です。

※平日の見学も可能ですので、ご連絡ください