ペンダントが好き

タイトル分かりにくいですが、照明器具の事です。

照明器具はその取り付け部位から分けて、「壁付」「天井付け」「吊り」に分かれます。シーリングライトと呼ばれる物、ダウンライトは壁や天井に着きます。

吊りがペンダントライトと呼ばれるものです。

やれ、掃除が面倒だ!器具代が高い!など、厳しい意見もありますが、ペンダント照明の一番の特徴は演出性です。

この一点だけですが、捨てがたい魅力です。

ミニペンダントがダイニングテーブルを照らします。照明色も暖色で、料理もおいしく見えます。

私見ですが、ペンダントライト自体のデザインはシンプルでいいように感じます。フードや傘デザインなど沢山の種類がありますが、その分器具代の負担が増えます。写真のミニペンダントは最もシンプルなLEDミニペンダントですが、丸く光りとってもかわいいです♪

奥に見える梁材にもラインLEDが見えますが、これは建築工事で作成したオリジナル照明です。

ちょっとした工夫ですが、既製品だけでは出来ない納まりです。