建築「化」照明

天井に取り付けるだけが照明方法ではありません。LED照明は標準で設置していますが、利点は寿命が長いだけでなく熱が出ない、照明そのものが小型である事もあげられます。

もっとも最小なものがラインLEDと呼ばれる、薄く長さが選べるタイプの照明器具です。照明器具を建築部材と組み合わせることを建築化照明と言います。

下駄箱「建築化照明」

下駄箱幅に合わせて、ラインLEDを設置。ポイントは幅の選択を誤らないことと、照明器具そのものを見せずに納めることです。

梁を「建築化照明」

キッチン手元灯を、梁で施工した例です。この場合も器具の幅、奥行きがキレイに収まるよう計画する必要があります。



梁を「建築化照明」

上記建物と似たアングルですが、別な建物です。建築化照明と共にダイニングにお薦めなのがミニペンダント照明を設置する事。照明点数が増えると、空間が華やぎます。ミニペンダントの難しい点は取り付けの通りを合わせる事と、ペンダント設置の間隔です。ダイニングテーブル寸法が決まっていない場合は、照明取り付け用ベースという部材を設置すると、そのベース内で器具の移動が出来ます。