バリアフリー以外の選択

かつては沓摺(くつずり)と言って、例えば廊下と和室を区切る建具敷居は廊下から3cm上がっていました。これは廊下で履いていたスリッパを脱いで、畳の部屋に上がる際脱ぎやすくするための工夫でした。

時は過ぎ・・・バリアフリー化が標準となりました。3cmの段差はすり足で歩く際、つまづく原因となるからです。

更に時は過ぎ・・・フロアの高さに変化をつけ、空間を間仕切る手法も採用されるようになりました。

それぞれに一長一短がありますが、それらを知っていて選択するのと、選択の余地がなかったのでは大きな違いがあります。

「バリアフリー」

洋室と和室の部屋の区切りに段差がない空間。お掃除も楽です。

「スキップフロア(小上がり)」

30cmかさ上げした和室。そのまま座ったりにちょうどいい高さです。施工例では引き出し収納を設けています。

「ステップダウン」

意図的に床レベルを下げた納まり。天井が高く、建具がなくても他の空間と区切られた感覚が得られます。

ランキング化してみます(笑)

①バリアフリーの観点で見ると

バリアフリー>スキップフロア>ステップダウンの順?

②座って、よいしょっと立ち上がるには

スキップフロア>バリアフリー>ステップダウン

腰かけてから、畳に座れるのがスキップフロアの利点です

③天井高い!

ステップダウン>バリアフリー>スキップフロア

これはステップダウンが文句なしの首位です

まとめ

・・・自分の生活様式にあっているか?を正解とします。