アプローチの仕方

注文住宅の楽しさって何でしょう?

それは同じ大きさでも、まったく違う空間を造れる点ではないでしょうか?住む人それぞれの生活様式や価値観は多種多様です。

大きなお風呂を希望する方、料理が好きで食材保存スペースが欲しい方、沢山の洋服をお持ちの方、書斎スペースが欲しい方等々・・・

この要望と敷地の形状、予算を元にプランが作成されます。

制約の中で形を作る為、何を取り入れるか選択する必要があります。

また、出来る限り室と室を繋ぐ廊下をなくす必要があります。

この廊下のない設計と、高断熱高気密住宅は相性が抜群です。

「階段下の空間活用の仕方a」

階段下の空間を洗面脱衣室に利用した例です。

30坪の縛りの中では、階段下の空間も無駄にできません。

洗面脱衣室にゆとりが生まれると、「脱衣」と「洗面」の他に「干す」機能を加えることが出来ます。

「階段室の空間活用の仕方b」

階段室の空間を室ではなく、収納に活用した例です。

この場合も30坪の条件は変わりません。

階段下に見える2つの収納のうち、玄関にある収納はコートクローク。

玄関土間と連続した床仕上げなので、濡れたコートも気にせず収納できます。

ホールに見える収納は掃除用具など生活用品収納として機能します。

同じ坪数でありながら、空間活用方法が違うと個性が生まれます。

「リビングから見える風景a」

続いてはリビング編です。

条件(坪数)は同じです。

写真の例では建具を設けず、ステップダウンフロアとして床仕上げを1段下げて穏やかに空間を区切っています。

奥にダイニングスペースが見えます。

「リビングから見える風景b」

似た写真アングルですが、和のリビングとした例です。

先ほどのステップダウン空間と違い、床はバリアフリーとなっています。

また、天井高までの3枚引き戸を設けています。開け放てば畳コーナーのある大きな空間として、閉めれば個室として活用することが出来ます。